国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> 病院別の薬剤師募集情報 >> 北海道がんセンターの薬剤師募集情報

北海道がんセンターの薬剤師募集情報

独立行政法人国立病院機構北海道がんセンターの薬剤師募集情報に関しては、国立病院機構北海道がんセンターのホームページか国立病院機構北海道東北グループのホームページで確認できます。ただ採用に関しては国立病院機構北海道東北グループで一括して管理していて、採用されると国立病院機構職員と言った身分になり、採用病院に関しては内定後に決まることになります。その為に北海道がんセンターの薬剤師を希望するにしても国立病院機構北海道東北グループの求人募集に応募する必要があります。ただし勤務する病院に関しては、ある程度希望勤務地を考慮して決定されるので、国立病院機構北海道がんセンターの薬剤師として勤務できる可能性も考えられます。ちなみに北海道には国立病院機構北海道がんセンターを含めて6ヶ所の病院があって、東北も含めると全部で21ヶ所あります。

国立病院機構北海道がんセンターの薬剤師募集を含め国立病院機構北海道東北グループの求人は、基本的に年1回実施されて筆記試験と面接試験などが行われます。国立病院機構北海道東北グループのホームページには募集ガイドが掲載されていて、採用方法や処遇など募集に関する詳細が確認できるので確認すると良いです。また採用願書も利用することが可能です。年1回実施されている薬剤師募集以外にも臨時で薬剤師の募集が行われる可能性があるので、薬剤師募集情報に間に合わなかった場合には細目にホームページで臨時の薬剤師募集情報を確認する必要があります。

国立病院機構北海道がんセンターの薬剤師は薬剤科で勤務することになって、各セクションで様々な業務を担当することになります。調剤室は主に調剤や注射業務を担当しますし、薬品試験室では主に薬物に関する薬物治療モニタリングを担当することになります。また、製剤室は主に院内特殊製剤の調製を担当しますし、無菌製剤室では主に抗癌剤の無菌混合調製を実施します。その他、主に医薬品情報の収集・整理・保管を担当する医薬品情報管理室や主に医薬品の発注・品質・保管管理を担当する薬品管理室といったセクションもあります。国立病院機構北海道がんセンターの薬剤師募集に応募するのなら、このような業務を担当することになることを知っておくことも必要です。

国立病院機構北海道がんセンターは、がん医療に貢献したい、がんを学び知識を高めたいといった向上心とやる気のある薬剤師にとって魅力的な職場です。ホームページに掲載される薬剤師募集情報を確認して、応募を検討してみると良いです。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.