国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の勤務時間は?

国立病院の薬剤師の勤務時間は?

国公立病院の薬剤師にとって、勤務時間は特別に長いものではありません。多くの場合、8時半頃に勤務が開始され、17時半頃定時を迎える形になります。残業に関しては極端に発生することは少ないです。いわゆる夜勤は存在しますが、中にはこれを夜勤手当が得られるチャンスだと考える人もいますし、手当のことを考えれば、分の悪いものとは言えません。残業が起きる場合には、基本的に何かしらの特別な状況になります。休憩を取る時間については、薬剤師は若干タイミングが難しい場合もあるでしょう。患者がやって来て席を外せない場合もあるからです。しかし、そうした条件を鑑みても、それなりに就業時間はしっかりした仕事と言えます。

国公立病院で薬剤師が働く場合、主に調剤の業務に当たります。外来の患者がいれば薬を処方し渡しますし、入院患者が使用する薬も準備するのが仕事です。準備のために前日に使用した薬の確認も行います。薬の過剰な投与を避け、患者の症状の変化に応じて適切な薬を処方することが必要です。また、薬剤を使用したら製薬会社に発注を行う必要があります。在庫の状況などもありますが、薬は望めばすぐに届くものではありません。常に十分な量の薬があるように管理する必要があります。このように、薬剤師の勤務時間は常に責任感が付きまとう仕事です。

病院勤務の薬剤師にとってもう一つ大事な仕事として、服薬指導というものもあります。患者自身に対して、使用する薬の説明を行うことです。主に相手は入院患者になりますが、薬には投与する量を間違えると危険な副作用を起こしかねないものも存在します。正しく薬を使うためには、薬のことを周知することが大事です。こうした仕事があるため、薬剤師にはどうしてもコミュニケーション能力が求められます。薬剤師の仕事は、病院内で使用される薬が正しく運用されるよう管理することです。1日のスケジュールもあるため極端に長引くことはありませんが、その分気を抜くことが出来ない仕事と言えます。

薬剤師が扱うのは薬ですが、その仕事は人の命にかかわるものです。単純にルーチンワークをこなすだけではどうにもならない部分が多数存在します。そのため、休憩時間に関してはある程度フレキシブルにならないといけない点があるでしょう。しかしその一方で、周りと連動して動くので時間が延びることは多くありません。当直で時間がずれることもありますが、極端にプライベートを圧迫する仕事ではないでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.