国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の仕事内容は?

国立病院の薬剤師の仕事内容は?

■国立病院薬剤師の業務内容とは?
国立病院に勤める薬剤師は、調剤・管理・治験などを主な業務としておこなっています。
そのうち調剤業務では、医師の処方箋にそって専用の機器を使ってお薬の調剤をおこないます。
調剤の際に、医師が出した処方箋に問題があれば、それに関して指摘しなければなりません。
調剤過誤を防ぐための大切な業務のひとつです。

■併用禁忌薬服用を防ぐための薬歴管理業務
病院に来院される患者さんは、その病院でもらうお薬以外にも、別の医薬品を服用している場合があります。
その服用しているお薬と、処方したお薬とが併用できない場合、万が一服用すると危険な副作用を引き起こす恐れがあります。
患者さんの薬歴を管理して、併用禁忌薬の服用を防ぐのも、薬剤師としての重要なお仕事です。
また、患者さんに服薬指導をおこない、お薬の飲み方や使用方法をわかりやすく書面や口頭で説明をおこなうのも業務のひとつです。

■国立病院薬剤師は注射薬の調剤もおこなっている
国立病院の薬剤師は、お口で服用するためのお薬だけではなく、注射の中に入っている薬剤を無菌室で調剤するのも業務のひとつです。
注射薬調剤業務といわれていて、病院内に専用のクリーンルームが設けられているので、薬剤師はそこで注射液を調剤します。
この注射液に関しても、医師の処方が必要で、薬剤師が自身の判断で勝手に調剤してはいけません。
処方箋の内容に従って、調剤をおこなう必要があります。

■治験業務も国立病院薬剤師のお仕事
国立病院の薬剤師のお仕事の中で、調剤薬局と違うのは治験管理業務があるというところ。
治験管理業務とは、患者さんの同意と協力の下、お薬を実際に使用してみて、その効果に関係するデータを取得する業務のことです。
ただ、患者さんへのお薬の使用は医師がおこないますので、薬剤師は、その治験から得られたデータを管理するのが主な業務です。

■治験管理業務のスキルが身につく国立病院薬剤師の求人はどこに出ている?
治験のような臨床医療の現場に携わるには、薬剤師としてのそれ相応の経験が求められます。
スキルや実務経験をお持ちの薬剤師さんであれば、そのキャリアに応じた理想の職場を見つける方法があります。
その方法とは、薬剤師専門の転職支援サイトを利用することです。
サイトでは、プロのスタッフが、薬剤師さんがこれまで習得してきた技術に見合った職場を、マッチングさせてくれます。
キャリアアップも目指せますので、ぜひサイトを活用してみてください。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.