国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の福利厚生や休日は?

国立病院の薬剤師の福利厚生や休日は?

■安心の待遇が得られる国立病院の薬剤師
国立病院の薬剤師は、地方公務員という身分ですので、公務員の共済組合に加入することができます。(※ただし、原則として正規雇用の場合のみ。)
共済組合とは、毎月掛け金を支払うことで、失業や事故などの不幸に見舞われた際に救済金をいただけるという、一種の保険のようなもの。
これには年金や健康保険の機能も備わっており、支払われる年金も厚生年金よりも額が多めというメリットがあります。
国立病院の薬剤師は、このような公務員独自の優遇が受けられるわけです。

■充実した各種手当と年間ボーナス
国立病院の薬剤師が給与に加算していただける手当てには、通勤手当、住居手当、扶養手当、業績手当、地域手当などです。
そのうち住居手当は、借家の場合でも最高で25000円程度が支給される病院もあり、家賃負担軽減になります。
また、業績手当は、いわばボーナスのことで、年間2回支給され、給与の約4ヶ月分の金額が相場となります。
このボーナスは、病院の業績によって変動しますので、あくまでも一律というわけではありません。

■国立病院には宿舎も完備されている
国立病院の多くには、地元から出てきた薬剤師さんでも入居できる宿舎が完備されています。
宿舎は職場から近く、家賃も格安のため、生活維持費の負担を軽減して毎日のお仕事に励むことができるのが魅力。
ただ、宿舎への入居は、単身者に限定されているところがほとんどで、家族連れの場合は入居ができないのはちょっと残念です。
しかし、単身者だと、引越しの負担がかかりませんので、全国を視野に入れてお仕事を探す事が可能ですね。

■完全週休二日制でプライベートも充実!
国立病院の薬剤師の勤務シフトは、週休二日制が基本です。
それに加えて民間企業よりも有給がとりやすく、プライベートを充実させることができます。
ただし、救急対応がある病院では夜勤もありますので、2〜3の交代制に対応する必要があります。
深夜には深夜手当てが給与に加算されますので、稼ぎたい人は夜勤のある病院を探すのがオススメです。

■育児休暇制度も有り、働きながらの育児も可能
最近社会問題になっているのが育児休暇制度の消化問題です。
民間企業だと、正直な話、育児休暇をとるのが難しく、やむなく退職をせざるを得ないというケースもしばしば。
国立病院の薬剤師は、公務員ですので、育児休暇がとりやすいというメリットがあります。
女性が家庭と両立しながら働くのに適した職場だといえますね。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.