国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の当直は?

国立病院の薬剤師の当直は?

国公立病院に限った話ではありませんが、病院勤務の薬剤師はキャリアを積むと当直を任されることがあります。当直とはいわゆる、夜間勤務のことです。主に当直は救急病院では必須となりますが、国公立病院においても必要とされます。もちろん、夜間勤務となるので家庭との両立が困難であると感じる人もいるでしょう。その一方で、夜勤手当と経験が手に入るとして好んで行う人も少なくありません。薬剤師の当直はそうした性質を持った仕事なのです。

当直の仕事の内容は、主に緊急の場合に発生します。患者の容体が変化した時に意志の依頼を受けて調剤を行ったり、麻酔の準備をしたりします。また、夜間に救急で運ばれた患者に対して処方を行うのも当直の仕事です。これだけであれば、日勤の業務と比べて少なく、時間も楽なくらいと言えるでしょう。しかし、当直はこれらの仕事を1人で行うことになります。基本的に調剤は複数人でチェックを行いますがそれもなく、より一層の注意が必要となる上に、責任はさらに重くなります。仮眠の時間を取ることも出来ますが、基本的には眠い状態で仕事を行うことになるでしょう。そのため、肉体的にも精神的にもプレッシャーの多い状態で仕事をしなくてはいけません。こうしたことから、体調を崩すことにもなるハードな仕事です。

労働基準法において、午後10時から午前5時までに行った労働は、時給が25%上乗せされることが決まっています。当然、当直で働いたらその分が夜勤手当としてつくので、給料は増えるでしょう。病院の規模にもよりますが、当直は月に2〜3回程度の頻度で回ってきますから、決して小さくない収入です。そして、経験という意味でも当直は意義のある仕事です。多くの場合、当直は1人で行うことになり、人に頼れません。その分、自分だけで仕事を進める勉強と準備が必要となりますが、上手く乗り越えることが出来れば、それは自信につながるでしょう。

国公立病院は専門的な医療を行うこともあり、薬剤師にとっては勉強の機会が多い場所です。当直にもなると、それを単独でこなさなくてはいけない可能性もあるため、精神的に負担となるでしょう。しかし、薬剤師の仕事は最終的には人の命を扱う仕事であり、それには相応の責任が求められます。一方的に当直だけを割り振られることはまずありません。きちんと仕事をこなしていけば、それは評価や給与という分かりやすい形で還元されることでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.