国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師に多い悩みは?

国立病院の薬剤師に多い悩みは?

国立病院の薬剤師は、福利厚生が充実しているため働きやすいと人気です。『悩みなんてないのでは?』と思われるかもしれません。しかし実際は、国立病院の薬剤師ならではの悩みがあります。特に多いのが”初任給が少ない””希望の配属先に行けない”などです。

初任給は、都道府県によって違いはあるものの、平均20万円程度。正確には18万円程度といわれています。『他の薬剤師と同じでは?』と思われるかもしれませんが、調剤薬局や製薬会社の薬剤師は、初任給で30万円以上になるといいますから、それに比べると国立病院の薬剤師の初任給は少ないということになります。年収を見ても、初年度340万円程度。薬剤師の平均年収は400万円〜600万円程度といわれていますから、350万円程度しか受け取れないのは少ないでしょう。スタートの段階でこれだけの給与しか受け取れないのは、薬剤師にとって大きな悩みとなっています。もちろん、先にも述べたように都道府県によって違いがありますから、なかには初任給20万円以上のところもあります。しかし平均すると、国立病院の薬剤師は初任給が少ないことになるでしょう。

ただし、国立病院の薬剤師の場合、将来性があるのがメリットです。キャリアを重ねることで安定した収入を得ることができますから、やりがいは実感できます。それまでは低収入で不安になりますが、将来的にはどんどん収入がアップしていくので安心してください。

次に多い悩みが『希望の配属先に行けない』ことです。たとえば、保健所への配属を希望していても、衛生研究所や食品衛生担当などになる可能性は十分あります。どこに配属されても良いのであれば問題ありませんが、ほとんどの人はある程度希望のところへ配属されたいと考えます。そのため、国立病院の薬剤師にとってこれは大きな悩みとなっています。もちろん、ヒアリング制度といって希望の配属先を聞きてもらうことはできます。運が良ければ、その配属先に異動できる場合もあるでしょう。しかし、ほとんどのケースでは希望の配属先に行けないので、その覚悟でいてください。

この2つが、国立病院の薬剤師にとって大きな悩みとなっています。『スキルアップが難しい』という意見もありますが、国立病院の薬剤師は専門性が高いのが特徴です。配属先によってはスキルアップが難しくなりますが、国立病院の薬剤師=スキルアップができないというわけではないので安心してください。しかし、薬剤師として確実にスキルアップしたいという方は、希望の配属先に行けない国立病院の薬剤師よりも、他の勤務先が良いかもしれません。自分の条件に合わせて選びましょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.