国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の研修は?

国立病院の薬剤師の研修は?

薬剤師の仕事に求められるのは大きな責任と薬剤の知識です。そのため、国公立の病院では研修の機会をしっかりと設けてくれます。また、長期間働いていると、慣れで仕事に対する責任感が緩んでしまうこともあるでしょう。薬の進歩はとても早く、うっかりしていると最新の流れについていけなくなります。そこで、長く勤めている薬剤師であっても、研修を受ける機会は与えられるのです。薬剤師はこのように大きな責任を求められます。

薬剤師が個人的に勉強するのは当然の話ですが、製薬会社や開催する勉強会に参加したり、病院内でも勉強会が開かれたりします。また、学術大会が開かれることもあり、そうした場に参加することもあるでしょう。特に国公立病院においては、最新の医療や専門的な医療に関わる機会が多くなります。そうしたものを取り入れる機会は、純粋なキャリアアップにつながるものです。こうした知識や資格を持っていれば、他の薬剤師に対しての指導的立場に就く機会が得られます。また、研修を受けることで発行された認定証は、知識を持っていることを保証するものです。こうなると、昇給の機会にもつながるので、機会があれば積極的に参加すると良いでしょう。

国公立病院では地方レベルで、大規模な研修会が行われます。頻度はそう低いものではなく、1年に数回は行われるので、長く勤めれば参加する機会もあるでしょう。こうした研修は民間だとあまり多くなく、国公立病院で働くメリットと言えるでしょう。民間の病院では1つの職場で扱う薬剤に極端な変化はありません。ですが、国公立病院はより専門的なものを扱うことが多い環境です。民間の病院と比べて、より多くの知識量が問われる職場になります。また、国公立病院の薬剤師は地方公務員という側面もあり、異動で別の病院に向かうことも珍しくありません。そうした場合に備えて、情報収集を行う機会と捉えておくのも悪くないでしょう。

薬剤師自体が知識を必要とする仕事で、就職するためにも資格が必要です。資格を取るための勉強も数年にわたるもので、決して簡単なものではありませんが、国公立病院の薬剤師はそれにも増して勉強を必要とする環境です。人間関係が閉鎖されやすい仕事でもあるので、主導権を他人に委ねていると、流されて自分の居場所を失ってしまいます。そうならないように勉強を行う必要があり、研修による勉強の機会は非常に貴重なものです。自身のキャリアを成長させるためにも、貪欲に吸収していきましょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.