国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の初任給は?

国立病院の薬剤師の初任給は?

国立病院の薬剤師は、初任給18万円程度。一見すると平均的ですが、薬剤師は幅広く、勤務先によって収入が大きく異なります。そのため、調剤薬局や製薬企業の薬剤師になると、初任給30万円以上と高額です。それと比較してしまうと、国立病院の薬剤師は、決して初任給が高いとはいえません。

ただ、国立病院の薬剤師は、初任給こそ少ないものの将来的には安定した収入を得ることができます。ですから、初年度は期待できませんが、少しずつ昇給していくので安心です。もともと、薬剤師は20代で平均年収300万円〜500万円程度。平均月給も20万円〜30万円程度といわれています。それを考えると、国立病院は初任給18万円程度でも平均といえるでしょう。

30代以降になると、年収も500万円以上に跳ね上がるケースが多いですし、40代・50代とキャリアを積めば600万円以上も夢ではありません。ですから、初任給の低ささえ我慢できれば、非常に将来性がある勤務先といえるでしょう。また国立病院の薬剤師は、”福利厚生が充実している”というメリットがあります。福利厚生とは、ご存知のとおり保険や住宅、教育などに与えられる資金です。これらが充実しているところとそうでないところでは、働きやすさにも大きな違いがあります。さらに定期的な昇給で、前向きに働くことができるでしょう。

ちなみに、昇給は年間で6,000円〜7,000円程度が相場になります。なぜ定期的に昇給があるのかというと、国立病院の薬剤師は公務員に含まれるからです。そのため、待遇も公務員と同じになり、福利厚生も充実していることになります。民間病院の場合、国立病院のようなことはありません。初任給は高いですが、昇給制度も少ないですし、企業ですので将来的な安定性もありません。それらを考えると、初任給が低くでも国立病院の薬剤師は安定して働けるといえるでしょう。

基本的に初任給が低い国立病院の薬剤師ですが、都心部になるとまた変わってきます。求人を見てみると、地方の国立病院よりも年収が高く設定されています。月給相場も25万円〜30万円がほとんどです。もし初任給を気にするのであれば、地方よりも都心部の求人を探したほうが良い収入のところが見つかるかもしれません。ただし都心部は生活維持費が高いですから、それを差し引くと地方の初任給とあまり変わらない可能性があります。そこも考えて自分に合った勤務先を見つけましょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.