国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の自己PRは?

国立病院の薬剤師の自己PRは?

国立病院で薬剤師として働くには、面接での自己PRが大変重要になってきます。それまでの薬剤師としての経験を踏まえ、採用された暁にはどのように責任を果たしていくかを大いにアビールするようにしたいものです。面接官は、採用後にどのようなことを目標としているかを見定めようとしているので、ここで志望動機を明確にするとともに将来の明確なビジョンと仕事に対する熱意が十分にあることを知ってもらわなければならないのです。

国立病院に限らず、病院の薬剤師となると、即戦力が期待されていることがほとんどです。そのため、どれだけの場数を踏んできているか、どれだけ頼りにできるか、ということも重要なポイントとなってきます。といっても、病院勤務の経験がないからといって諦めてしまう必要はありません。薬剤師の業務は調剤や薬品の管理、薬剤管理指導などを基本とし、病院勤務では注射薬の調剤や医療チームの一員としてのコミュニケーションといったものが含まれてきます。それまでの経験が人それぞれなら、そこから得るもの、学べるものもまた人それぞれです。例えまったく同じ環境で働いていたとしても、何を身につけてきたかはその人自身にかかっているのです。病院勤務の経験がない人は、自己PRでは、学ぼうとする姿勢を持って勤務してきたことやそれに対する自分の考え、これまでにはない業務をこなしていく意志が十分にあることを伝えると有効です。

とはいえ、国立、民間問わず、病院で勤務した経験があれば、やはり大きなアピールポイントとなります。チーム医療に参加してどのように感じたかをアピールするのは欠かすことができません。また、治験業務などへの参加も同様です。多くの医療スタッフと関わることとなる病院勤務や治験業務は、コミュニケーションスキルや実務能力の高さをアピールできます。

また、最近の傾向としては、病院薬剤師もパート勤務が増えてきています。女性は特に結婚や出産などで退職を余儀なくされ、その後の復帰で時間の短いパート勤務を希望するケースは少なくありません。雇用する側にとっても、欠員を補充する際に必要な時間帯のみで良いと考えることは多いので、パート勤務を希望するとマッチングすることも多くなるでしょう。

自己PRで何を伝えれば良いか見当がつかないという場合は、これまでの経験をじっくりと振り返り、これから自分が薬剤師としてどう貢献していきたいのか、ということを考えてみるとよいのではないでしょうか。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.