国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の昇給は?

国立病院の薬剤師の昇給は?

残念な話ですが病院勤務の場合、薬剤師の給料は決して高いとは言えません。たしかに、薬剤師の給料は安定しています。資格が必要な仕事であり、ある程度数が限られるため、仕事がなくなることはそうそうないでしょう。しかし、病院においては看護師が一番の激務です。どうしても病院を維持するためには、そちらの給料を優先させなくてはいけないところがあります。結果として、病院で勤務する薬剤師の給料が抑え目になってしまうことは否めません。

その中にあって、国公立病院の薬剤師は決して収入の少ない仕事ではありません。まず、定期的な昇給があります。国公立病院の薬剤師は、扱いとしては地方公務員であり、昇給の制度があるためです。民間の薬剤師の場合、管理職にならないと40代での年収が400万円前後に留まることは珍しくありません。しかし、国公立病院の薬剤師は、民間の管理職と同等の600万円前後にまで届きます。薬剤師自体の平均年収が500万円強であることを考えれば、国公立病院の薬剤師の昇給が恵まれているとはっきり言うことが出来ます。加えて、扱いは地方公務員と同じであるため、福利厚生は充実しています。職員寮などもあるため、支出も抑えることが可能です。実質的な手取りも民間に比べて大きくなります。

民間の薬剤師と国公立病院の薬剤師を比べると、国公立病院は初任給において大いに不利です。民間の薬剤師だと、病院に限らなければそこそこの給料を提示する場所が多くなっています。しかし、民間の場合は昇給を行うかどうかは会社次第であり、必ず行われるものではありません。より上の給料を目指すのなら、管理職になる必要があるでしょう。その点で比較すると、国公立病院の薬剤師は昇給が確実であり、生涯年収で考えるのなら確実に勝ると言えます。

昇給のことを考えると、国公立病院の薬剤師はとても良い環境です。しかし、良いことばかりではありません。まず、地方公務員でもあるため、異動も珍しくありません。出来る限り同じ職場で働きたい、住んでいる場所を離れたくないという人はいますから、ここで条件が合わない人もいるでしょう。そして、異動の件を加味しても、このように条件が良いので希望者は民間の薬剤師に比べて圧倒的に多くなります。採用枠はそれほど増えるわけではないので、倍率は当然厳しくなるでしょう。そのため、国公立病院の薬剤師は簡単になれるものではありません。それでも、自分の将来のプランに合致していると考える人は、目指してみる価値があります。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.