国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の転勤は?

国立病院の薬剤師の転勤は?

ひと口に薬剤師といってもさまざまで、なかには薬剤師から薬剤師に転勤するケースも少なくありません。これは一体どういうことなのかというと、たとえば薬局やドラッグストアで勤務していた薬剤師が、病院や診療所の薬剤師に転勤するという意味です。そういったことができるのも、薬剤師の魅力のひとつ。

では、国立病院の薬剤師に転勤する場合、どれくらいの頻度で命じられるのでしょうか?一般的に、3〜5年といわれています。転勤先は県立病院や保健所など。なかには突然転勤を命じられる場合もあり、身の回りの整理や心の準備ができないまま、他の場所へ飛ばされてしまうというケースも少なくないでしょう。通達から辞令交付までたった数日しかありませんから、国立病院の薬剤師は転勤までバタバタするといわれています。さらに国立病院でも、国立病院機構の薬剤師になると他の地域へ突然転勤になることもあるといいます。そのため、地方公務員である国立病院の薬剤師よりも大変です。

とはいえ、本人の希望を無視して転勤させられることはなく、ヒアリング制度である程度の希望は聞き入れてもらうことができます。ただ本人の希望ばかり聞き入れてしまうと、勤務地や病院などに人気・不人気が出てしまうため、必ずしもヒアリングをしたからといって希望どおりの場所へ転勤することになるとは限りません。そのため、たとえ家族がいても転勤を命じられるときちんとそれに応えるしかないでしょう。

単身赴任が多いのも、国立病院の薬剤師です。そういったことから、国立病院の薬剤師は早期退職し転勤のない病院や調剤薬局へ転職する事例が多いといわれています。特に頻繁に転勤を命じられるところでは、安心して働くことができません。家族がいる人にとっては非常に大変ですから、どうしても耐えられないという場合は転職というのもひとつの手段になります。国立病院の薬剤師は他の薬剤師に比べ収入が良く待遇も良いため働き甲斐はありますが、転勤の多さがどうしてもネックになってしまいます。

では、転勤のない、または少ない国立病院の薬剤師求人はあるのでしょうか?結論からいいますと、あります。すべての国立病院薬剤師が転勤ありというわけではありません。しかし、他の薬剤師に比べると転勤の頻度は多いですから、『転勤のないところで薬剤師として働きたい』というのであれば、やはり国立病院以外で働くことをオススメします。

薬剤師が勤務できる場所はさまざまです。ぜひ自分に合ったところを見つけてみてください。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.