国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の認定薬剤師資格は必要?

国立病院の薬剤師の認定薬剤師資格は必要?

■認定薬剤師資格があると国立病院の内定に有利?
難関である国立病院の薬剤師求人募集で内定をとるためには、薬剤師としての高いスキルを身につけていなければなりません。
薬剤師のスキル習得を証明する資格には、「認定薬剤師」制度というものがあり、この資格を持っていると、転職の際に有利になります。
ここでは、転職活動をおこなっている薬剤師さんが国立病院に就職するために、持っておきたい資格について取り上げてみたいと思います。

■認定薬剤師制度とは?
認定薬剤師制度とは、公益財団法人日本薬剤師研修センターが運営する、薬剤師の研修実績を証明する制度のことです。
この制度には、色んな種類があり、もっとも代表的なものが「研修認定薬剤師制度」です。
薬剤師有資格者は、研修カリキュラムをこなしていき、単位を取得することで認定証をもらうことができます。
そのほか、子供のお薬に関する資格である「小児薬物療法認定薬剤師制度」や、現場リーダーを養成する「認定実務実習指導薬剤師制度」などがあります。

■認定薬剤師はどうやって取得するの?
認定薬剤師制度は、日本薬剤師研修センターの公式ホームページにある薬剤師研修手帳を入手することから始まります。
この手帳は、インターネット、FAX、郵送の方法で入手が可能です。
手帳には受講した研修のシールを張っていき、一定の単位を取得すると、認定の資格を得る事ができます。
研修を終えた後は、研修認定薬剤師新規申請書に必要事項を記入して、認定申請手数料振込受領証を貼り付けて、各都道府県にある薬剤師研修協議会に郵送します。
その後、認定証が届きますので、それで晴れて認定薬剤師の資格を得たことになります。

■国立病院に求められている認定薬剤師は?
国立病院では、がん治療に力を入れているところも多く、そこでは、がんの薬物療法に関する知識とスキルを持った薬剤師が求められています。
そんな中、日本病院薬剤師会では、がん専門の高いスキルを持った薬剤師の育成をおこなう目的で、がん薬物療法認定薬剤師制度というものを設けています。
専門認定薬剤師には、がんの分野だけではなく、糖尿病、感染症、精神科など、多岐にわたる専門分野があり、よりその分野に特化したスキルを薬剤師が身につけていきます。

■先進医療をおこなっている国立病院の求人を見つけるには?
国立病院のような先進医療を取り入れている大手病院の求人は、一般の求人募集からは、なかなか見つけることはできません。
高いスキルを持った薬剤師さんが、自分の力を発揮できる職場を見つけるには、薬剤師専門の転職支援サイトの利用をオススメします。
サイトのサービスには、詳しい転職先の情報の提供や、スキル適正に応じた職場の紹介など、転職を有利に進めるためのサポートがたくさんあります。
転職後、職場に不満を抱えることがないようにするためにも、こういったサービスを利用するのがいいでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.