国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師は公務員?

国立病院の薬剤師は公務員?

■国立病院に勤務している薬剤師のメリットとは?
国立病院の薬剤師は、地方公務員としての立場が保障されています。
地方公務員といえば、警察官や市役所などに勤める人と同じ立場であり、福利厚生等も一般の企業に勤めるより充実しているというメリットがあります。
薬剤師の仕事は女性が多く活躍していますので、お子様が生まれた時などの家庭の事情が今後もあると思います。
そのような時に、民間企業と比べて産休や有給がとりやすいのも大きなメリットです。

■国立病院の薬剤師に公務員試験はあるの?
国立病院の薬剤師には、病院が実施する入社試験はありますが、地方公務員になるための地方公務員試験はありません。
つまり、国立病院の薬剤師になれば、試験なしで地方公務員になれるというわけです。
地方公務員試験試験は難しいので、その勉強に時間をとられないというのは、かなり有利な立場だといえます。

■国立病院の薬剤師のボーナスや退職金はどう?
国立病院に勤める薬剤師のボーナスは、年間で約80万円前後が相場です。
また、退職金は数千万円以上で、民間の病院よりも高い傾向にあります。
通常、民間企業の場合だと、経営の状態でボーナスや退職金の額は上下しますが、公務員待遇の国立病院勤務では、それがありません。
そのため、将来設計っが建てやすく、安定した暮らしを送ることができます。

■国立病院薬剤師は給与の面で製薬メーカーより劣る?
製薬メーカーに勤める研究職の薬剤師は、給与が圧倒的に高いです。
国立病院の薬剤師の年収最高が600万円前後なのに対して、製薬メーカーの場合だと700万円〜1000万円いただけるケースもあります。
ただ、製薬メーカーの薬剤師は公務員ほど安定した立場ではありません。
経営状態や成果によっては、リストラもありえます。

■国立病院の薬剤師の求人募集状況はどう?
国立病院の薬剤師は、公務員待遇ということで、やはり人気が高く需要が少ないのが現実です。
一般に公開されている求人広告や、ハローワークには、なかなかこのような求人は紹介されておらず、自分で見つけるのは困難だと思われます。
人気の高い薬剤師の求人募集は、薬剤師専門の転職支援サイトのサービスを利用することで、スピーディーに転職先を見つけることができます。
隠れた条件の良い求人を、キャリアコンサルタントが個々の適正に応じて紹介してくれるので、就職後の離職率が低いというメリットがあり、薬剤師としてのスキルを、理想の職場で存分に発揮することができます。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.