国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の病院実習は?

国立病院の薬剤師の病院実習は?

一般的に国立病院と呼ばれている病院は、正式には独立行政法人国立病院機構と国立高度専門医療研究センターという機関がそれに当たります。これらの機関での薬剤師の病院実習は、多くの病院が受け入れており、いずれでも将来薬剤師となる学生の教育が熱心に行われています。教育カリキュラムの細かな部分はそれぞれの病院で異なりますが、基本的に日常業務のすべてを体験できるような仕組みとなっています。また、できるだけ多くの臨床現場で濃密な体験ができるようなシーンが提供されています。

薬剤師の就業先というと、病院の他にはドラッグストアチェーンや街中の薬局などがあります。病院薬剤師の業務をこれらの業務と比較すると、チーム医療の一員としての業務、病棟業務、他のコ・メディカルとのコミュニケーションといった部分が大きな違いになるでしょう。また、注射業務も他で勤務する場合にはあまり経験しないことです。共通するのは、調剤業務や、在庫、マスタの管理といったものです。

また、病院の中でも特に国立病院で薬剤師として勤務するということは、最先端医療に携われるというメリットがもっとも大きなモチベーションとなるはずです。夜勤があって身体的にハードになりがち、ドラッグストア勤務に比べると給与が低めといったデメリットがあるのは否定できませんが、このメリットは薬剤師にとって何物にも代えがたい大きな魅力に違いありません。そのため、病院実習でも、この部分を十分に体験できるようなカリキュラムが組まれているところがほとんどです。

実習に参加したら、経験豊かなスタッフが同行してくれるので、カンファレンスや回診などで、医師の他、看護師といったコ・メディカルとコミュニケーションを取るチーム医療を大いに体験してみましょう。実習体験者の多くが、そのコミュニケーション能力の高さに圧倒されるのだといいます。また、入院患者にもっとも良い栄養療法を提供することで治療の効果を上げ、QOL(生活の質)を向上させる医療チームはNSTと呼ばれています。NSTでは、医師や看護師の他にも、管理栄養士や臨床検査技師、言語聴覚士といったさまざまなコ・メディカルと密にコミニユケーションをとっていくことが必要とされています、他にも、治療よりもQOLの向上に重きがおかれる緩和ケアチームでは、診療放射線技師や臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどとチームを組むことになります。そして、病院実習の最後には、研究テーマについての発表を行います。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.