国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の残業は?

国立病院の薬剤師の残業は?

国立病院の薬剤師は、地方公務員に含まれます。そのため、安定した雇用や福利厚生が充実しているなど、薬剤師にとって働きやすいのがメリットです。また土日祝など休日も確保しやすいですから、安定した仕事になるでしょう。では、残業の有無についてはどうでしょうか?

結論からいいますと、勤務先によって差があります。一般的に、国立病院の薬剤師は残業が少ないといわれていますが、なかには残業が多いところもありますので、その差は激しいといえるでしょう。残業が少ない病院では、定時で業務が終了するため、緊急でない限りそれ以上の業務は求められません。休日に関しても先ほど述べたようにカレンダー通りがほとんどですから、仕事と家庭の両立もしやすいでしょう。ではなぜ、残業が多いところと少ないところの差があるのでしょうか。

それは、残業が多いところは”人手が不足している”ことが多いからです。薬剤師の数が不足していれば、当然定時にすべての仕事を終えるのは大変。そのため、どうしても残業になってしまいます。しかしその反面”残業手当”がありますから、損することはありません。残業した分をきちんと支払ってくれるので安心です。ただ残業が多いところはどうしても退職率も高くなってしまいます。結局十分な人材がおらず、残業がなくなるということは少ないでしょう。

しかし、ほとんどのケースでは国立病院の薬剤師=残業が少ないのが特徴です。どうしても残業の有無が気になる場合は、事前に確認しておくと安心です。求人でも残業について記載しているところもありますので、チェックしておきましょう。記載がない場合は情報を探してみてください。

国立病院の薬剤師は、安定して働ける反面、初任給が少ない・希望の配属先に行けないなどのデメリットもあります。給与が安定してくるのは30代くらいからといわれています。しかし、それは将来性があることにも繋がりますので、企業薬剤師に比べると30代も40代も安心して働くことができるでしょう。希望の配属先に行けないのは残念ですが、ヒアリング制度である程度希望は聞いてくれますので、どうしても外せないことはきちんと伝えておきましょう。もちろんそれでも希望の場所に配属されない場合はありますが…。それでも、薬剤師としてのスキルアップができますので、薬剤師としてやりがいを感じることはできるでしょう。薬歴管理業務や注射調剤なども行いますから、薬剤師としての責任感もアップします。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.