国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師は激務?

国立病院の薬剤師は激務?

ひと口に薬剤師といっても、どれくらい忙しいかは勤務先によって異なります。国立病院の薬剤師は、激務か激務でないかでいうと激務になります。専門的な知識も求められますし、場所によっては残業が多いところもあるでしょう。激務が理由で転職される方もいるというくらいですから、簡単な仕事ではないことは一目瞭然。もちろんすべての病院薬剤師が激務というわけではありません。しかし、一般的な薬剤師と比べると、どうしても忙しくなってしまうでしょう。また近年、病院薬剤師は人手不足。人手不足ということは、当然ひとりひとりに課せられる仕事が増えますから、結果残業が増え激務になってしまいます。

しかし、基本的に薬剤師は激務なところが多いですし、先にも述べたようにすべての勤務先が激務というわけではありません。平均より激務であることが多いということですし、そのぶん収入も多くやりがいも感じられやすいですから働いていて損することはありません。実際、国立病院の薬剤師は年収こそ400万円〜600万円程度と平均的ですが、福利厚生が充実していますし、出産や育児休暇もありますので、安心して働くことができます。経験を積むほどメリットになる仕事でもありますから、働き甲斐はあるでしょう。また、国立病院の薬剤師は”将来性がある”ことでも知られています。製薬企業とは違い倒産の心配がほとんどありませんから、将来的に見ても安定しているでしょう。

国立病院での薬剤師の主な仕事は、調剤をはじめ医薬品の管理や治験など。調剤業務に至っては、専用の機器を使用し調剤していきます。医師の指示のもと調剤していきますから、当然その指示に間違いがあればきちんと指摘しなければいけません。そのまま調剤してしまうと、過誤になり危険です。処方箋は患者さんにとってとても大切なもの。たとえ医師を相手でも、問題があればしっかり伝えることも薬剤師の大切な仕事のひとつです。さらに、併用禁忌薬の服用を防ぐための管理も重要な仕事になります。なかには、併用してはいけない薬もあります。服用すると命の危険性があるものもありますので、そういったことを防ぐための薬歴管理業務も欠かせない仕事になります。また国立病院の薬剤師は、注射薬の調剤も行います。

こういった仕事をこなさなければいけないことから、非常に高い責任レベルが問われます。激務といわれるのもそのためですが、薬剤師としてのステップアップは確実で、仕事をこなすことができれば非常にやりがいを感じることができるでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.