国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の夜勤は?

国立病院の薬剤師の夜勤は?

国立病院勤務というと看護師の過酷な夜勤のイメージがありますが、夜勤をしなければならないのは看護師だけではありません。実は、薬剤師も国立病院に勤務するとなれば一定以上の夜勤をこなさなければならないのです。これが、ドラッグストアや調剤薬局チェーン勤務の薬剤師との大きな違いといって良いでしょう。最先端医療に携われるなど、さまざまなメリットも多い国立病院勤務ですが、かなりのハードさがあることを知っておく必要があります。

薬剤師の夜勤時の業務は、さまざまなものがありますが、一般的には入院患者や救急患者の調剤がメインです。他は、24時間点滴や注射といったものがあります。夜勤の体制は病院によっても異なりますが、たいていはシフトが組まれていて、多ければ週に1〜2回はまわってくることになります。中には一人きりで調剤業務を請け負わなければならないケースもあるので、薬剤師としての経験が浅い人であればプレッシャーも相当なものとなるのは想像に難くありません。特にイレギュラーな事態が発生しやすい救急外来には、神経を研ぎ澄まさなければならなくなります。また、夜間は医師は研修医が担当することも少なくないので、薬について相談されることもあり、自分の持っている知識ですべてに対応しなければならないのです。つまり、精神的にも肉体的にも、夜勤薬剤師にはかなりタフさが要求されるのです。

しかし、夜勤手当はつくので、回数をこなすほどに月収は増えていきます。国立病院勤務薬剤師の年収はそれほど期待できるものではありませんが、夜勤があるところであればそれを補うことはできるのではないでしょうか。

また、求人を探している段階では、夜勤のある国立病院の薬剤師の方が見つけやすいといえます。人気がないのでその分需要が高くなるというのがその理由ですが、とにかく高い収入を得たいと言う場合には、夜勤の多い病院を選ぶとよいでしょう。ただし、入職する前に夜勤の有無とその回数には細心の注意を払いたいものです。入職後によくある「こんなはずではなかった」という声には、「夜勤があると聞いていなかった」「あるとは聞いていたがこんなにたくさん回ってくるとは思わなかった」という内容が挙げられているからです。看護師同様に、薬剤師も、勤務がキツイと感じる理由の大きなものの一つが夜勤ですし、手当がつくといってもそれに見合ったものと思えるかは人それぞれです。後から後悔することのないよう、入職前には十分に就業条件を確認しておきましょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.