国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の志望動機は?

国立病院の薬剤師の志望動機は?

国公立の病院で薬剤師を募集する際には、基本的にパートやアルバイトは無く、正規雇用のみとなります。また、転職者の採用枠もあまり多くありません。大抵の場合、新卒者の採用に限られ、転職者を採用するのは急な退職者が出たときになるからです。そうした限られた採用で大事になるのは面接であり、その際にしっかりとした志望動機を答えることが出来なければ厳しくなります。国公立病院の薬剤師にとって求められる志望動機とは、薬剤師の役割を理解していることです。

病院薬剤師の主な仕事としては、調剤を挙げることが出来ます。医薬品のプロフェッショナルとして正し薬剤を運用する仕事です。そのためにはまず、医薬品に対する正しい知識と責任が求められます。さらに、医薬品の情報は毎日のように新しくなっていくため、追いつくための勉強も必要です。また、医薬品を患者に渡すには、コミュニケーション能力も求められます。患者は多くの場合、正しく医薬品の使い方を理解していません。そこで、薬剤師には自分の持っている知識をしっかりと伝える必要があるのです。このように、重たい役割が求められる薬剤師を採用するに当たり、軽い気持ちで入ろうとしている人間を選ぶわけにはいかないのです。

そこで志望動機を話すうえで大事なことは具体性です。自分が薬剤師として働くうえで、どのように動くのか、あるいは動けるのかを話せることはアピールの上で大事になります。最低でも上記のような仕事であると理解したうえで、自分が何故志望したのかをしっかりと考えておきましょう。薬剤師の場合、女性でも働きやすい、条件が良いというのを志望動機にしている人もいるでしょうが、それだけを語るのは推奨できません。薬剤師の数は年々増えており、需要と供給のバランスはいずれ逆転する可能性があります。その中では、自分のキャリアデザインがしっかりと出来ているタイプの方が、より責任を持って働ける人間だと思ってもらえるでしょう。

国公立病院で薬剤師としての採用を目指すのなら、事前に現場でどのような問題があるのかを調べておくというのも有効です。それに対して、どう対処していきたいかを説明できれば、職場の研究を行っていることを理解してもらえます。志望動機で見られるのは、長く働くことが出来るかということも含まれます。そのためには、現場がどのような場所かを理解し、その対策を考えていることが必要です。そうした事前調査は、明確に熱意として採用側に伝わります。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.