国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院薬剤師の求人を地方で探すには?

国立病院薬剤師の求人を地方で探すには?

国立病院の薬剤師の求人は、都心だけではなく地方にもたくさんあります。個々の医療機関のホームページで最新の求人情報が得られますし、ハローワークのインターネットサービスならどこにいても日本各地の求人情報をすぐに入手できて便利です。ハローワークというと会社員のための求人しかないと思っている人もいるようですが、薬剤師の求人もないわけではないのです。ただし、最終的には最寄りのハローワークに足を運ぶ必要があるので、多忙な中での転職といった場合には多少の無理が生じるかもしれません。

ハローワークで見つけた求人というのは、他には出されていないケースも多いので、他の媒体を利用するよりも採用されやすいというメリットがあります。また、ハローワークは、求職者に利用料が発生しないのはもちろんのこと、広告を出す雇用側にも利用料は発生しません。そのため、他の媒体にも同時に求人を掲載している場合でも、ハローワーク経由で人材を確保した方が余計なコストがかからないので採用されやすいということになります。

また、地方の国立病院薬剤師は、交通の弁が不便な過疎地域であればあるほどに待遇の良い求人を見つけやすくなります。このような地域では、患者さん一人一人とのつながりが密になることから、薬剤師個人に患者さんがつくといったスタイルが多くなるので、より一層コミュニケーション能力が必要となるでしょう。しかし、多少コミニユケーションを苦手としていても、努力次第ではここでの業務でコミュニケーション能力に磨きをかけることもできます。もしも、その後に都心の国立病院に勤務することとなった際には大いに役立つこととなるはずです。

地方の国立病院となると、都心のような規模の大きなところは少なくなりますが、その地域を集約しているような医療機関であれば、地方にいながらもある程度の先端医療に携わりながら業務に当たることができます。とはいえ、中国・四国ブロック、近畿ブロックなどのようなブロック内のどこに配属されるかはわからないということもありますし、3年〜5年程度で異動が発生することもあります。また、循環器病研究センターや精神医療センターといった専門的な医療機関に配属されることもあるでしょう。これが、民間病院と比較した際にはデメリットとなる点です。しかし、国立病院であれば定期的に昇給して安定しているというメリットは地方であっても変わりありません。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.