国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師になるための就活方法とは?

国立病院の薬剤師になるための就活方法とは?

■国立病院の薬剤師になるために取り組むべき事とは?
国立病院の薬剤師になる前に、予めそこの職場環境について調べておくことは重要です。
新卒の場合だと、同じ大学からその病院に勤めているOBを訪問したり、知人が勤務している場合は、その人から話を聞いたりなど。
職場内部に関する詳しい情報を集めることは、後悔のない就職や転職をするうえでかかせません。
お薬を取り扱う薬剤師といえども、人間関係が合わなければ長続きしにくいからです。
まずは徹底的に転職先のことを調べた上で求人に応募しましょう。

■薬剤師にはコミュニケーション能力も必要!
薬剤師は、患者さんに対して、お薬の適正な服用方法や効果・副作用等をわかりやすく説明する必要があります。
しっかり患者さんに伝わらないと正しい使用ができずに、患者さんを危険に晒してしまいます。
また、国立病院のような大きな施設には、たくさんの薬剤師やその他医療スタッフが所属していますので、彼らと医薬品に関する情報を共有して、チームワークを築く必要もあります。
このように、医薬品を取り扱う薬剤師にもコミュニケーション能力が求められるため、意識して対人能力を高めておく必要があるでしょう。

■どの大学の薬剤師が所属しているかを調べる
国立病院に所属している薬剤師が、どこの大学が主流メンバーなのかを予め調べておくことも大事です。
できるだけ自身が卒業した大学のOBが多く所属している病院のほうが、人間関係を円満に築きやすいと考えられます。
また業務に関する心構えや注意点等も、病院内OBがいれば伺いやすいですね。

■研修生を経由して正規採用されるケース
国立病院の薬剤師は、正規雇用になる前に研修生として在籍するケースがあります。
その研修生の中で優秀な人材が選抜して選ばれるというのが、一般的な正規雇用までの流れです。
こういったケースの場合だと、30人ほど研修生がいて、残るのは大体2〜3人だといわれています。
大学病院だと、大学の推薦状があれば、採用されやすいです。

■国立病院への就職は新卒に断トツ有利!
新卒の薬剤師さんは、国立病院の就職に、特に有利です。
国立病院では、新卒採用を毎年おこなっていますので、滑り止めを合わせて複数求人に申込む事で、内定率は高くなるでしょう。
このとき、いくつか内定した際にお断りの返事をするのは大変心苦しいものです。
そういう人は、薬剤師専門の転職支援サイトを利用するのがいいでしょう。
複数内定した際にも、キャリアコンサルタントが、代わりに対応してくれます。
また、求人募集をいくつも取り扱っていますので、高い確率でどこかに内定を貰う事ができます。ぜひ利用してみてください。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.