国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の面接対策は?

国立病院の薬剤師の面接対策は?

職業を問わず、就職する際に最初に大切になってくるのは履歴書ですが、履歴書にパスした後に大切になってくるのは面接です。履歴書というたった1枚の書類でふるいにかけられた後にやってくるのが、最大の難関、面接なのです。そして、この面接でキーになるのは自己PRといえるでしょう。面接官に直接、自分の言葉で自分がどういった人物で何が得意かを述べていかなくてはなりません。自分を採用すれば病院はこのように良いメリットを受けられるのか、ということも熱意をもって伝える必要があるのです。

国立病院で薬剤師として働くということは、最先端の医療を学ぶことができるということでもあります。薬物療法では薬剤師がチームのメインとなって治療に当たることになりますし、研究に参加する機会もあるでしょう。病院のバックアップを受けながら専門資格を取得する機会もあるかもしれません。例えば、がんセンターであれば、がん専門薬剤師の資格を取得できるなど、薬剤師としてのキャリアの幅を大いに広げていくことができます。そのため、面接を受けようとしている病院の専門分野に対する自分の熱意を、面接官にわかりやすく伝えることも大切になってきます。

面接の際には、これまでの薬剤師としての経験を織り交ぜながら話すと、面接官により良くアピールできるものです。自己PRというとどうしても皆似たり寄ったりになってしまいがちですが、それでは面接官の心に響かせることはできません。自分の体験談を説明して、他とは一線を画す内容にすれば、面接官に強い印象を残すことができるはずです。

とはいえ、面接では身だしなみが整っていなければ話しになりません。どんな素晴らしい体験談が話せても、清潔感がなかったりと基本的なことがないがしろにされていたのでは採用のチャンスを自ら逃しているようなものです。アイロンのしっかりかかったスーツ、よく磨かれた靴、手入れの行き届いた髪や爪、ハンカチ、ポケットティッシュの準備など、当日になって後悔しないよう、あらかじめ入念に準備しておくようにしましょう。

また、受付から面接は始まっているので、自分の名前や訪問の趣旨をハキハキと伝えるようにします。控室でスマホの電源はオフにし、面接の順番がきたら軽くドアをノックして「どうぞ」と言われてから入ります。その後、勧められてから椅子にかけ、姿勢を正して面接官の目を見ながら受け答えをしていきましょう。退出時も「ありがとうございました」と挨拶をしてから退出します。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.