国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師のインターンは?

国立病院の薬剤師のインターンは?

薬剤師の就職を希望する人にとって、インターンシップの機会は少なくありません。薬剤師の仕事は実際の所、かなりの激務です。それを深く考えずに就職しても長く続かないでしょう。薬剤師を長く続けるためには、正確さと責任感が必要となります。自分自身の仕事のイメージを現場とすり合わせるためにも、薬剤師の場合はこうしたインターンシップの機会は積極的に利用するべきです。病院側としても早期のすり合わせの機会が増えるということで、開催しています。

とは言え、国公立病院だとインターンシップの機会は看護師のものが圧倒的です。国公立病院で働く人数としては看護師が非常に多く、そして常に人手が不足しています。一方、薬剤師自体は採用枠が限られていることが多々あります。薬剤師も激務であることに変わりはありませんが、資格職であり、安定した収入が得られる可能性が高いために人気は高いのです。そのため、優先度を考えると看護師が優先されてしまうのは致し方ないところでしょう。もし国公立病院で薬剤師向けのインターンシップを見かけたら、その機会は逃さないようにしましょう。実際に見つかっても、それは実際の採用と同様に席は限られています。

インターンシップの目的は、実際の現場でどのような仕事が行われているのかを肌で感じることです。そうして現場と自分のやりたいことのすり合わせが出来ていれば、長く続けることや逆に早期に別の職場の研究を行うことも出来ます。そういう意味では、インターンシップの当てが見つからなかった場合、OB訪問を優先させた方が、効果が得られることでしょう。インターンシップにおいては、事前に準備をしておくことでより良い成果を得ることが出来ます。自分が入った現場で働いていくことが出来るのか、どのように働きたいかをはっきりさせておくことで、より良い効果が得られるでしょう。そのためにも、インターンシップの募集が見つかるまでにも、情報収集をしておくことは有効です。

このように、国公立病院でインターンシップの募集を行うことはあまり多くありません。場合によっては、受ける機会もなく採用試験に至ることも珍しくないでしょう。そこで、国公立病院の薬剤師を目指すのなら、インターンシップにこだわらず情報収集を行うことが大事です。説明会に関しては、適度なスパンで開かれています。そうしたものに参加して、生の声を聴くことも出来ます。限られた機会であっても無駄にせず、自分のものにしていきましょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.