国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師のキャリアプランは?

国立病院の薬剤師のキャリアプランは?

国公立病院の薬剤師は、分類としては公務員として扱われます。そのため、単純に民間の薬剤師と同じようなキャリアプランを描くことは出来ません。民間の薬剤師と比べた場合、はっきりと分かりやすい違いとして昇給がはっきりしているというものが挙げられます。そのため、民間の薬剤師よりも長い期間、同じ職場で働くことにメリットがあるということです。民間の薬剤師であるのなら、転職を繰り返すことにも意味はあります。しかし、国公立病院で働くのなら、10年は働き続けることを意識するべきです。

民間の薬剤師と比べて大きな差として、調剤業務において関わる薬の数の多さを挙げることが出来ます。民間の薬剤師の場合、職場が限定されるためにあまり多くの症例と出会うケースはありません。しかし、国公立病院の薬剤師は地方公務員という側面もあるため、異動の機会があります。そうした場所で、それまでに出会っていない症例と出会うことになるでしょう。また、そうした異動先には高度で専門的な医療が行われていることが珍しくありません。こうした他で関わることが出来ない経験を積めることは、国公立病院で薬剤師を行うメリットであり、キャリアを重ねるうえで魅力的な点です。

また、地方公務員の薬剤師と比べても、キャリアには大きな違いがあるのです。公務員としての薬剤師は、保健所や麻薬取締官としての仕事が存在します。しかし、これらの仕事は基本的に衛生管理であって、調剤業務に携わることはありません。もちろん、薬についての知識は必要となりますが、まったく別種の業務となります。働き方としては、国公立病院の薬剤師以上に時間に自由がある仕事です。長く続けることを視野に入れるのなら、十分に価値があります。しかし、薬剤に興味を持っていて、薬剤の勉強を続けていきたいのであれば、国公立病院の薬剤師を続けていく方が良いでしょう。また、何らかの事情で転職を余儀なくされたときであっても、調剤業務を行う薬剤師のパートなどにすぐ入れるという利点もあります。

国公立病院の薬剤師にとって、働き方は地方公務員のものになります。ですが、内容は他の薬剤師と比べても異なるものです。薬剤についての知識を深めていきたいのであれば、国公立病院での勤務が向いています。それは長く続けていくことが有利である働き方ともマッチするからです。自分自身が薬剤師としてどのような生活をしていきたいのかを考えて選んでいくと良いでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.