国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師と調剤薬局の薬剤師の業務との違いは?

国立病院の薬剤師と調剤薬局の薬剤師の業務との違いは?

■職場によって違う薬剤師のお仕事
薬剤師は、病院だけではなく調剤薬局、ドラッグストア、開発研究者など、様々な分野で活躍しています。
薬剤師としてのお仕事は、基本お薬を調剤・管理することですが、それぞれの分野で求められるスキルは異なります。
例えば、製薬メーカーでは新薬の開発など、研究職としての薬剤師のスキルが求められます。
国立病院や私立病院に勤める薬剤師は、患者さんを治療することが目的であり、医薬品の深い知識と、他の医療スタッフと連携する協調性が求められます。
薬剤師として活躍している人、これから活躍する人は、どの分野でがんばりたいか?もしくはどのスキルをこれから身につけたいかを、入念に検討しておく必要があるでしょう。

■国立病院の薬剤師の院外調剤って何?
国立病院や私立病院では、院外調剤という制度を設けています。 これは、病院の外に調剤薬局という施設を設けるか、もしくは薬局と提携して、薬剤師の調剤業務を病院外でおこなうことをいいます。
そのための調剤薬局は、医療の効率化や過誤防止の目的で、病院の近くに設置されています。(※もしくは開業薬剤師と病院が提携しているケースもあります。)

■国立病院と調剤薬局での薬剤師の業務の違いは?
国立病院では、薬剤師が注射剤の調剤もおこないます。
注射剤は、病院内に設けられている専用のクリーンルームの中で調剤され、患者さんに使用されています。
また、臨床医療で、得た医薬品のデータを管理して、その効果に関する調査をおこなうこともあります。
調剤薬局は、提携先の病院の医師が出した処方箋の内容にそってお薬の調剤をおこない、患者さんに提供します。
処方箋は患者さんが病院の受付で受け取り、それを持って調剤薬局の窓口で料金と引き換えにお薬を受け取ります。

■最新の情報を薬剤師が収集!医薬品に関する情報管理業務とは?
国立病院も調剤薬局も薬剤師が共通しておこなう業務のひとつに、情報管理業務があります。
この業務は、医薬品に関する最新データを薬剤師が常にキャッチし、副作用や効果などを事前に調査して、データをまとめておくという仕事です。
また、情報を管理するだけではなく、医薬品の管理も薬剤師がおこないます。
医薬品の在庫が足りないと、処方しても患者さんがお薬を受け取れないため、在庫をしっかりと管理する必要があります。

■国立病院のような病棟での薬剤師の仕事を探すには?
国立病院で働きたい薬剤師さんは、薬剤師専門の転職支援サイトを利用すると、転職活動の負担がずっと下がります。
サイトでは、職場の検索、面接日の調節、条件交渉など、プロのスタッフが本人の代理ですべておこなってくれます。
そのため、今の職場に在籍して働きながらでも、スムーズに次の転職先を見つけることが可能です。ぜひ利用してみてください。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.