国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の適性は?

国立病院の薬剤師の適性は?

国公立病院の薬剤師は、安定した給料が魅力の職場です。また、夜勤を行う場合があるものの極端な残業が少ないため、プライベートの時間を取ることも出来ます。それらを考えれば、条件が悪くない職業と言えるでしょう。しかし、実際には薬剤師養成課程を取る必要があり、国家試験を合格する必要があります。卒業するまでには国公立大学でも約350万円、私立大学なら約1200万円かかってしまうので、楽だからというだけで出来る仕事ではありません。薬剤師として働くには、必要な適性というものがあります。

薬剤師にとって大事なことは、自分が人の命に関わっている自覚を持ち、そこにやりがいを見出せることです。薬の中には量を間違えることで、恐ろしい効果をもたらすものが少なくありません。そのため、常に責任と正確さを求められる仕事です。ただ、楽で給料の高い仕事というイメージを持っていると、その責任の重さに耐えることは出来ません。そして、薬を管理するためには知識が必要となります。薬は常に進歩しており、新しい薬を使うことになったり、今まで使っていた薬がそのまま使えなくなったりすることは珍しくありません。そこで、向学心を持って新しい薬について学ぶ必要があります。もちろん、他業種であっても勉強は大事ですが、こと薬剤師の世界では顕著です。

また、薬剤師に求められる能力として、コミュニケーション能力を挙げることが出来ます。薬剤師は患者に対して、薬について説明する必要があるのです。自分が持っている知識を伝えて、相手の理解度を確認し、ずれがあったら修正する必要があります。これは、口で言うほど簡単なことではありません。場合によっては、患者だけでなく家族にも伝える必要があるでしょう。しかし、ここで薬についての説明が正しく伝わらなかった場合、やはり患者の命を危険に晒す可能性があります。知識があるというだけではなく、それを正しく伝えることが出来る人というのが、薬剤師にとって理想的な人材です。薬剤師はただ調剤だけを行えばよい仕事ではありません。

薬剤師は薬を管理する仕事ですが、それは人の命を預かる仕事でもあります。こうした責任を理解していないと、患者だけでなく自分自身にとっても不幸な結果となるでしょう。そこで、こうした几帳面さや人と話す能力が求められています。薬剤師はなるために資格を必要として、そこにはお金もかかります。こうした適性が自分にないと感じるのなら、無理してやる仕事ではないでしょう。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.