国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師の手当は?

国立病院の薬剤師の手当は?

薬剤師は資格職です。そのため、国公立病院で勤務する薬剤師には基本給に加えて、資格手当などが発生します。また、福利厚生が充実していることも多いでしょう。薬剤師は常に正確さと責任感を求められる仕事です。こうした仕事をやり切るためには、生活を安定させることが求められます。そこで、薬剤師の手当は多くの場合、手厚く用意されるでしょう。民間よりも充実していることが多いので、そうした条件なら国公立病院の方が優れています。

薬剤師が特別に与えられる手当としては、基本的に資格手当と職能手当が存在します。薬剤師の場合、そもそも採用の際に資格を持っているので、こうした手当は恒常的に発生するものです。国公立病院で働いている薬剤師にしてみると、給料の一部ということで取り立てて意識されることは少ないでしょう。支払う側にしても当たり前のことなので、取り立てて採用情報の欄に書かれないこともあります。原則としては昇給やボーナスの基準になるのは基本給です。そのため、資格手当や職能手当が違うことを意識していないと、採用側とのずれになってしまうこともあり得ます。気になるようであれば、質問してもいいかもしれません。

そして、国公立病院で働く薬剤師にも、一般的な交通手当は発生します。そうしたものの中で、場所によっては地域手当が付く場合もあるでしょう。薬剤師は地方だと不足している職業ですから、地方でも働いてもらえるよう手当が支給されています。また、似たもので寒冷地の場合は冬場に寒冷手当が出ることもあるでしょう。家庭的な問題がなく、自由に動けるのなら、こうした手当の発生する場所で稼いでおくのもよいでしょう。基本的に、国公立病院で働く薬剤師は地方公務員です。職員寮は豊富に用意され、住居に関してあまり不自由はありません。住宅手当や家族手当もあるので、自分の生活スタイルに合わせて職場で相談してください。住宅手当は借家でも20000円以上の支給がある場合もあり、家計にとっては大きな助けとなります。

地方公務員の場合、育児休暇に関しても寛容な環境が多いです。国公立病院の薬剤師もその例に漏れず、女性が働きやすい環境と言われています。育児の際に手当が付くので、産休も気軽に取ることが出来るでしょう。薬剤師の仕事は責任が重たく、決して気軽に出来る仕事ではありません。しかし、このように手当は充実しているので人生設計のプランが出来ていれば魅力の大きい仕事です。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.