国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 国立病院の薬剤師で年収1000万は可能?

国立病院の薬剤師で年収1000万は可能?

薬剤師は職業の中でも相変わらず根強い人気がありますが、中でも一際高い人気を集めているのが国立病院の薬剤師です。そして、国立病院の中でも、がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師といったより専門性の高い薬剤師の資格を取得しての病院勤務が人気を集めています。しかし、現実的には、病院勤務の薬剤師はそう甘い世界とは言い切れません。生活していくには収入を得なければならないわけですが、国立病院勤務の薬剤師は、ドラッグストアや調剤薬局勤務と比較すると年収は低いのが現状だからです。残念ながら、1000万円という壁を突破するのは、国立病院では難しいといわざるを得ないでしょう。

病院勤務薬剤師の年収の低さは、スタート時点から如実に現れることになります。病院によっても異なりますが、一般的に国立病院勤務の薬剤師は、350万円くらいというのが初年度の収入です。この金額では、看護師よりも低いケースもあるほどです。

何故なら、病院という中では、トップに医師がいるとすればその次にくるのが看護師であり、薬剤師や検査技師などはその下に位置する職業だからです。現実的に診療報酬が減少している中では、病院を経営する側にとって大切になってくるのは医師と看護師の確保です。この2つに財源が投入されるので、結果的に診療報酬を稼ぎづらい薬剤師の年収は高くなりづらいというわけです。

それでも病院勤務の薬剤師が人気を集めているのは、より専門性の高い資格を保持していれば最先端医療に携われるという、崇高な理想を掲げている人も多いのではないでしょうか。病院勤務の場合は、他の勤務以上にやりがいをいかに持ち続けられるかが重要になってくるのです。

とはいえ、民間病院に比べれば国立病院は公務員に分類されることから、初任給こそ低いもののその後は順調な昇給が見込めます。最終的には、600万円くらいの安定した年収を確保することができますし、退職金も民間病院とは雲泥の差がつきます。

しかし、どうしても病院で薬剤師として働きたく、その上で高収入を目指したい、というのであれば、民間病院の中小規模なところを当たってみた方が道は開けるかもしれません。前述したように一般的には民間病院勤務の方が最終的な年収は低いのですが、中小規模の病院で人手が不足しているようなところであれば、高い年収が期待できるからです。後は、交渉しだいで理想の年収に近づけることも可能になってきます。ただし、初任給だけではなく、昇給や福利厚生などについてもしっかり確認しておくことも大切です。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細



TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.