国立病院薬剤師募集ランキング

国立病院の薬剤師求人を効率的に探すには

数多い薬剤師求人の中でも、福利厚生が充実していて働きやすい環境が魅力の『国立病院』。人気のある求人案件ですので募集スタートともに応募が殺到することが多く、少ないチャンスをものにするには薬剤師転職エージェントなどが便利です。

例えば薬剤師の転職エージェントでは日本最大級の規模を誇るリクナビ薬剤師だと、薬剤師業界に精通した専門のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。もちろん登録から利用まで一切無料なので、転職をお考えの薬剤師さんにはおすすめのサービスです。

国立病院の薬剤師求人も豊富!転職エージェントランキング!

第1位

  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
  サービス名 お勧め度 利用料金 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 完全無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
日本最大手の薬剤師転職支援サイト!全国の薬剤師求人を豊富に取り揃えている!
最短翌日に10件近くの求人をスピード紹介!選択肢が多いから転職で失敗しません!
・国立病院や大学病院など、ハローワークでは見つからない募集をたくさん紹介してもらえます。
・職場の人間関係や休暇取得率など気になる募集情報を、プロのスタッフが細かく伝えてくれます。
・業界で最も多い取り扱い非公開求人数!年収700万円以上の高額給与のお仕事が見つかります。
正社員だけではなくパート薬剤師求人の紹介もOK!家庭と両立できる薬剤師パートを探せる!
ブランク明けでも就職可能!契約社員から正社員まで、望みの雇用形態を選べます。
・病院や薬局以外のお仕事も紹介可能!経験値を稼ぎたい薬剤師さんの転職を徹底サポート
・ユーザーとコンサルタントがカウンセリングをした後、適した業種についてアドバイス!



第2位

  • お勧め度
  • ★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師 ★★★★ 完全無料 株式会社マイナビ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
顧客満足度90%超!多くのユーザーから利用されている「マイナビ」の薬剤師版が人気!
・レア求人の国立病院案件も有り!将来の安定を考えた職場探しに最適の薬剤師転職支援サービス。
・登録は1分で完了!申し込んでからスピーディーにプロがいくつも募集案件を紹介してくれます。
・専門スタッフが勢ぞろい!キャリアスタッフが詳しい職場情報と一緒に求人を紹介してくれます。
電話やメールで希望条件に合った求人を紹介!スタッフとのマンツーマンでの転職相談も可能。
・情報力の高さに定評有り!質の高い企業や病院を紹介するから離職率がとても低い!
・信頼の有名大手企業!個人情報の取り扱い基準を満たした安心のプライバシーマークを取得。
競争率の高い東京都内求人も多数ラインナップ!どこからでも東京の薬剤師求人応募に対応可能!



第3位

  • お勧め度
  • ★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社カスタマ
ファゲット ★★★★ 完全無料 株式会社カスタマ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・全国各地の薬剤師求人を網羅!薬剤師専門の転職支援サイトで国立病院の仕事も見つかる!
・全国の高収入の求人案件を紹介!年収700万円〜800万円の薬剤師募集を見つけられます。
・ファゲットを使えば転職祝い金が出る可能性もあり!年収に応じて最大20万円まで!
・向き/不向きなど希望に応じた求人を紹介してもらえるから転職でミスらない!
・入社後条件が違った場合でも安心!スタッフが徹底したアフターサポートがおこなわれます。
・失敗しない転職が可能!希望条件に合うまで親身にコンサルタントが相談に乗ってくれます。
・駅チカや自宅から近い職場まで、地域の求人を多数ラインナップ!働きやすい職場が見つかります。
働きながらでもスムーズな転職が可能!申込みから交渉まで、べてプロのスタッフが代行。


第4位

  • お勧め度
  • ★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • エムスリーキャリア株式会社
薬キャリ ★★★★ 完全無料 エムスリーキャリア株式会社 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界実績10年以上!東証上場の大手企業が運営する薬剤師専門転職支援サイト!
・好きな仕事を選べる!薬局、製薬会社、国立・私立病院など、幅広い募集を取り扱い!
・キャリア形成や給料アップなど、希望の条件を専任のキャリアコンサルタントと相談できる!
企業や病院の職場環境や指導方法など、細かな希望条件まで相談が可能!人間関係の心配も解決!
・残業できない薬剤師さんでもOK!働きたい時間の希望に合った転職先を紹介してくれます。
・魅力の国立病院案件が見つかる!?公開すると応募殺到するようなレアな非公開求人も多数保有!
・家庭と仕事が両立できる仕事が多数有り!育児中でも働ける設備と条件が整った転職先をご紹介。
・ベテランの薬剤師も安心!管理薬剤師として活躍したい人など、責任者待遇の案件も多数あり。

第5位

  • お勧め度
  • ★★★★
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 運営会社
  • 株式会社メディカルリソース
ファルマスタッフ ★★★★ 完全無料 株式会社メディカルリソース 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・日本調剤グループが運営!大手企業だからできる独自の情報網が魅力!
・全国の薬剤師の求人を多業種紹介!国立病院や調剤薬局、ドラッグストアまで幅広い求人を網羅!
・転職先の選択肢はたくさん!30000件を超える薬剤師求人の中から適した案件をマッチング!
・実務未経験でも紹介OK!面接指導から履歴書の書き方までプロがとことんアドバイスしてくれます。
・入社後のアフターサポート有り!条件の食い違いなどもスタッフに相談することで解決できます。
取引先実績多数で、安定した求人紹介が可能!申込めば必ず連絡がきます。
・ライフスタイルに合わせて、パートから正社員まで希望に合わせたワークスタイルを選べます。
・「募集がスタートして1日の国立病院の求人を紹介してくれて採用まで至った!」
 「非公開の募集案件を紹介してくれてライバルが少ない中で転職活動ができた」など評価多数!

国立病院の薬剤師募集はどこに出ているの?



国立病院の薬剤師募集は、ハローワークや求人広告誌、インターネット求人などに出されていることもありますが、国立病院は待遇がよく安定した収入を得られる職場ですので、ひとつの求人に対して多くの応募があります。つまり競争率が高く採用までたどり着くのが難しいです。そういう時に活用すべきなのが薬剤師転職エージェント内の求人です。

薬剤師転職エージェントの仕組みとして公開求人と非公開求人があります。公開求人は誰でも検索できる求人で非公開求人は一般に公開されていないレアな求人のことです。国立病院の薬剤師求人の多くは非公開求人としてユーザーに紹介されています。国立病院のような競争率が高い求人も、非公開求人なら他の薬剤師からの応募とかぶりませんので、内定しやすいというメリットがあります。また、薬剤師転職エージェントが企業側の希望の人材を紹介するといったものなので、紹介された段階で、採用される可能性が高いということもメリットです。雇用者側の条件と労働側の希望をすり合わせて決めていくので、入社後の離職率がひとりで転職活動をしたときよりも大幅に低くなるというメリットもあります。

昨今の薬剤師転職マーケットを見ると、ハローワークで探してもなかなかいい求人は見つからないというのが現実です。またハローワークの求人は、人材の回転率が高く働いている人がすぐにやめてしまうという傾向も見て取れます。質の高い求人に出会いたい方は薬剤師分野に特化した転職エージェントを利用してお仕事を見つけましょう。最大手のリクナビ薬剤師などをまずはチェックしてみましょう。

国立病院で薬剤師が勤務するメリット・デメリットは?



薬剤師の勤務場所というと、調剤薬局やドラッグストアチェーン、製薬会社、国立病院・民間病院などの医療機関などさまざまなところが挙げられます。それぞれにメリットとデメリットはあるものの、常に一定の人気を集めているのが国立病院勤務だといってよいのではないでしょうか。国立病院勤務のメリット・デメリットは何でしょうか?

まず1つ目のメリットですが身分が公務員であるというのは大きいです。実際のところ、勤めだした頃の給与はあまり良くないのですが、定期的な昇給があるなど、安定して働き続けられることが根強い人気の理由です。あとはやりがいが大きいこともまた大きな理由に違いありません。国立病院となると、最先端の医療に携わりながら日々業務に当たることとなります。国立病院勤務の薬剤師は、医師や看護師、臨床検査技師、医療ソーシャルワーカーなど、さまざまな職務の人々と医療チームを組んで患者さんのお世話をします。そこには高いコミュニケーション能力が必要となれるのはいうまでもありませんが、調剤薬局やドラッグストアチェーンでは決して味わうことのできない薬剤師としての崇高なやりがいを感じることができるでしょう。金銭的なことからすれば、調剤薬局やドラッグストアでの勤務の方が上になることも多いですが、薬剤師としてのやりがいをもって働けるというのは病院勤務ならではといえます。

しかし、働く上ではデメリットも十分に承知しておく必要があります。前述したように最初の頃の給与はあまり期待できないことの他、国立病院勤務の薬剤師には夜勤があります。これは、かなり大きなものといって良いでしょう。というのも、看護師の仕事が過酷と言われる最大の理由が夜勤だからです。心身ともに相応のタフさがなければ勤務し続けることは難しくなってしまいます。また、国立病院勤務となると、数年後に異動がある場合があります。ブロックをまたいでの異動というのはほとんど考えられませんが、民間病院などでも考えられないことなのでこれも承知しておかなければなりません。求人情報を得る際には、これらの条件をよく確認しておくようにしましょう。

国立病院の薬剤師の求人倍率は?



国立病院の薬剤師は、いつの時代も高い求人倍率となることがほとんどです。これは、景気が良くても悪くても人気があるためですが、公務員という安定性の高さから、景気が悪い時にはひときわ倍率は高くなります。また、求人自体が少ないということも理由の一つです。

国立病院の中でも、規模が大きいほどに求人倍率は高い傾向にあります。募集要項を見てみると、新卒者や病院勤務経験者に限る、としているところも珍しくありませんし、年齢に制限を付けているところもあります。それでも尚、多くの人の人気が集中するのが国立病院の薬剤師なのです。それほど規模の大きくないところであれば倍率は極端に低めになるかといえば、そんなこともありません。地方の中規模・小規模の国立病院などを見ると中途採用があってもすぐに埋まってしまうという、いずれにしても非常に狭き門となっています。タイミングがうまくあわなければ求人に巡り合うことすら難しくなってしまうのです。

また、難関をくぐり抜けたとしても、すぐに高収入は望めないのが国立病院の薬剤師です。残業手当や休日出勤手当て、夜勤手当などもありますが、手当てを含めてもなかなか高年収には結びつかないのが現状です。国立病院は民間病院よりも最初の給与は低くなるのは事実ですが、ただその後は昇給が見込めるというのはメリットです。しかし、昇給のペースは非常にゆるやかで、少ない役職を巡って競争しなければならないことあります。そのため、応募する病院にどのような役職があるのかということも確認しておきましょう。求人探しをする場合はリクナビ薬剤師などを積極活用すると入職後のアドバイスももらえるのでメリットが多いでしょう。

TOP

国立病院薬剤師の求人探しのFAQ

病院別の薬剤師募集情報


Copyright (C) 2013-2018 国立病院薬剤師募集ランキング All Rights Reserved.